キャノンデール QUICK4 DISC のTEKTROブレーキパッド交換

クイック4 DISCのテクトロブレーキ

少々マニアックな内容ですが、クロスバイクに乗り始めて半年も経たないくらいに、ブレーキをかけるとすごい「フォーン」みたいな音が鳴り響くようになり、自転車屋で見てもらうと、パッドが油を吸って汚れているとのこと。
とりあえず、その場でヤスリがけしてもらったものの、一時的な効果しかなく、交換が最適だそう。
日々油が触れるような場所に置いているわけでもなく、何が原因かわからなかったですが、ブレーキの効きも甘くなるし、危ないと思ったので、ネットで調べて交換に踏み切りました。

新しいSHIMANO用ブレーキパッド

そもそもテクトロってメーカーのブレーキ自体よくわからないのに、そのパッドとなると、どこで売ってるのやらで、幸いディスクブレーキは似た形状のものがSHIMANOから出ていたので、試しにサイズを測って上記のB01Sというのを買ってみました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GEDASDQ/

古いやつの縦横の幅をパッド部分と全体両方測って確認

ディスクブレーキのパッドを外すとなんと汚いこと。
ちなみにテクトロの型番は以下でいいのかな。

テクトロの油を吸ったブレーキパッド

ブレーキパッドの交換自体は難しくなく、
1.車輪を外す
2.パッドを固定している針金みたいなものの先端をラジペンで伸ばして引き抜く
3.パッド自体を引き抜く
4.パッドに付いている金具の状態を確認しておく
5.新しいものを4を参考にして3で引き抜いたものと同じ状態にして、はめ込みなおす
6.再度2で引き抜いた針金みたいなものを通して先端を曲げて固定する
7.車輪をもとに戻す
で完了です。

注意点は
・絶対に新しいパッドの面を触らない(指の油も吸収されます)
・絶対に車輪を外している間はブレーキレバーを握らない(クイック4は油圧なので、自転車が倒れたり、頭でごっつんとかもないように)

道具は
・ラジオペンチ
・雑巾(床汚れ防止、手袋もあればなおグッド)
・ライト

交換で外される部品はこれで全部

結果、サイズぴったりでなんの小細工もなく、交換できました。
そして気になる音は全く無くなり、効きも良くなり、1000円ちょっとでディスクブレーキが快適に生まれ変わりました。
原因が何だったのか、玄関に置いているので思い当たることを考えて見たのですが、キンチョールかな、と。玄関に蚊がいたので振り撒いたことがありましたので、それかもしれないと、以降スプレーを玄関で使用しないように注意しています。