bryton Rider420 と xossセンサーを購入

420の本体はバックライト付き

クロスバイク1年ちょっと、ロードバイク半年、サイクルコンピュータなるものに興味が出てきて、どんなものがあるのか調べていたのですが、私基本的に自転車のライト類は全てcateyeにしているので、そちらメインに見ていました。
海外ブランドの方が高機能なものを多数出しているというのはわかっていたのですが、価格が高いなという印象でしたし。
特に機能的にはスピード+ケイデンスが測れれば良いと思っていたので、cateyeのCC-PA400Bあたりを最初は候補に挙げていたのですが、気になったのがバックライトが付いていないのと、車体に取り付けるセンサーが面倒くさそうというところ。

そこで少し広げて海外モノも範囲に入れて見てみたら、以外に良さそうだなと思ったのがbrytonというメーカー。
GARMIN や POLAR 等の有名なやつは初めてのお買い物には予算オーバーだったため、1万円台でそこそこ使えそうなやつということで、絞っていくと上のメーカーに行き着きました。
台湾企業のものという点も、ある程度信頼できるなと感じて購入しました。
台湾はマザーボードで私から信頼を得た技術国(笑)

パッケージ

今回、本体はヤフーショッピングでポイント倍率が高く、ショップの割引クーポンの利用も出来たので、実質12500円ほどでした。本体のみです。
またセンサーが無いとケイデンスが測れないのと、速度もGPSだけだと不安だったので、とりあえずAmazonでそこそこ評価のあったxossというブランドのものを2個セットで入手しました。こちらはセットで4000円くらい。

スピードセンサーとケイデンスセンサー(同じもの)

日本語の説明書がメーカーホームページからダウンロードできるので、それに従って取り付け、セットアップしていくのですが、特につまづくような点も無く認識させることが出来ました。
センサーはサイクルコンピュータの画面で設定からスキャンをすることで設定し、あとは自分のプロファイルや自転車のタイヤの規格なんかを選ぶくらい。本体のボタンは側面角に2つ、裏に2つの合計4つ。
ちなみにxossのセンサーは文字の所が光って色の違いでケイデンスがスピードを決めるみたいなことがどこかで書かれていたのですが、全く光らなかったので、仕様変更されたのかなと思います。もちろん光らなくてもそれぞれ認識させることはできましたので、問題ありませんでした。

420の付属品等パッケージの中身(ストラップ、ガイドの紙、USBケーブル、マウント、取り付け用ゴムバンド、本体)

少し困ったのがセンサーの取り付けと本体の取り付け。
特に私の自転車の場合ケイデンスセンサーがクランクの隙間の関係上、取り付けられなかったため、悩んだ末に靴に取り付けてしまいました。これで良いのかどうかわかりませんが、とりあえず測れています。

シューズにケイデンスセンサー

また本体もステムに取り付けようかと考えていたのですが、付属のゴムバンドの長さの関係上取り付けられず、結局ハンドルに落ち着きました。

付属のマウントはハンドルへ取り付け

実際に走ってみて、まずどうやってスタートするのかわからなかったのですが、電源をつけておけば、動き出したのを検知して記録を開始するかどうか画面上に表示されるので、yesボタンを押せば開始になりました。
また信号での停車や、休憩の際の一時停止ではきちんと検知されて、トータルタイムと走行タイムで分けて確認することができるようなっていました。
家に戻ってきた際は、画面を見て左の裏ボタンに当たる箇所をポチと押すと、記録が一時停止され、保存するメニューが出てくるので、終了できます。
ケイデンスも目安としては問題ない程度にカウントされているようで、意外にも80や90というのは高回転なんだなあということに気付かされました。

リアハブに付けたスピードセンサー

しかし、この製品を購入してなによりも素晴らしいと思ったのが、それらの記録をスマホアプリやWEBと連携して確認できるという点。
今どきこれくらい出来て当たり前のような気もするのですが、それには結構な金額を払わないといけないというのも現実。それを1万7000円程度で全て込みで実現出来てしまうのはなかなか見事なことです。
最初はケイデンスとスピードの走行中の確認だけできれば、と思っていたものの、それを記録してとっておくこと、また走行した経路というのは意外にも記録しておきたい情報で、それもgoogleマップで多数のポイントをマイマップを使用して毎回作成するのかということを考えると、この製品は全てを簡単にしてくれます。

また驚いたのがGPSの精度とバッテリーの持ち時間。
GPSに関しては、広い道路であればどちらのサイドを走行しているかというのがわかるレベルの細かさです。それでいてバッテリーは1ヶ月半ほどで250km走行していますがまだ一度も充電せずにいて残量があります。
バックライトに関しても暗くなると自動点灯し、特に冬場は夕暮れ時にとても重宝します。

GPSの精度の高さを筆頭にルートの記録やバックライト機能、センサーの取り付けのスマートさなどから見てとても優秀な個体でこのお値段、もちろん、それらの機能、性能がいらないというのであれば、無駄なだけですけれども、かなりコスパの良い製品です。
ちなみにルートナビの機能もあるようですが、これに関しては、正直あまり使えなさそうなので割愛します。

松山小倉フェリーに乗船 2020年1月

フェリーはやとも2
停泊中のフェリーはやとも2

記録的な暖冬で1月末だというのに暖かな四国。
愛媛松山から九州へ向かうために久々にフェリーを利用しましたのでご紹介します。
松山小倉フェリーは元さんふらわあ路線だったようですが、現在は石崎汽船グループとして運行しています。
今回乗ったフェリーはやとも2も船舶自体はその当時からのものらしく、かなり懐かしさを感じる夜行客船でした。

夜の高浜駅
夜の伊予鉄高浜駅

乗船する松山観光港は、JR松山駅や道後温泉からだと直通のリムジンバスを、伊予鉄松山市駅や 大手町駅 (JR松山駅から徒歩5分程度)からだと伊予鉄高浜線で終点高浜駅を経由して連絡バス利用で到着します。
高浜駅からはバスももちろん便利ですが、1km程度(徒歩10分程)なので荷物が少なければ夜風を浴びながら歩くのもアリかと思います。ただし結構な田舎で外灯は少なく暗めの道ですのでご注意を。

高浜駅から松山観光港への道
高浜駅から松山観光港までの夜道

松山観光港は周りが暗いだけあって煌々と輝いて見えます。
建物自体も最近リニューアルされたものなのかなかなかきれいです。

夜の松山観光港
夜の松山観光港

飲み物や軽食、おみやげを売っている売店が1階に2店舗あり、愛媛のメジャーなものはここで揃います。
2階にはレストランがわずかにありますが、営業終了時刻はフェリーの出港よりもだいぶ前になりますので利用される際は要確認です。

松山観光港のホールと待合所

フェリーに乗船するには、予約済みであっても乗船名簿への記入をしてカウンターでの乗船券受け取りが必要になります。受付時間は出港の1時間半ほど前から開始です。

乗船手続きカウンター
松山観光港の手続きカウンター

21時55分出港で翌朝5時ちょうどには小倉港に着きますので、疲れ気味の方は早めに寝たほうが良いとは思いますが、二等船室は23時くらいまで照明が明るかったですので、アイマスクや耳栓等用意されるといいです。

船内エントランス
船内エントランス

乗船すると階段を上がってエントランスに。このエントランスホールに売店、自販機ブース、案内所、休憩スペース2室、電子レンジと立ち食い飲食スペースがあり、就寝前の時間を多くの方が過ごしていました。
出港時間が遅い時間だけに、レンジを使用して食べている人の姿はあまりありませんでしたが、飲んでいる人やテレビを見ている人で狭い休憩スペースは埋まっていましたので、このスペースを使いたい方は早めに行った方がいいと思われます。

船内のコインロッカー
船内のコインロッカー

お風呂は展望風呂でもない狭いお風呂ですが、シャンプー、ボディソープは備え付けのものがあり、タオルさえあればスッキリして眠れます。
共用トイレと洗面スペースは別々に区切られていて、かなり古いですが汚さはなく、神経質な方でなければ問題なく使用できると思います。
あと同じ並びに着替え用のブースがありますので、お風呂に入らない方でも着替えだけしたいという方には便利だと思います。
エントランスホールにはコインロッカーも返金式で無料で利用できるものが用意されているため、貴重品が心配な方は気軽に預けられます。

二等船室
はやとも2二等船室

肝心の二等船室の就寝スペースは昔ながらのスタイル。
ちゃんと布団はありますし、枕の衛生紙も用意され、繁忙期でなければ見知らぬ方が真横に来ないように、一人分空けて発券してくれるので、お隣さんに寝顔を見られる心配もほとんど無くゆったりです。

松山観光港からの出港
松山観光港からの松山・小倉フェリーの出港

瀬戸内海は太平洋と違って波も穏やかで、意識しなければ揺れは気にならず、船酔いも苦手な方以外はまず大丈夫でしょう。
甲板に出れば夜の真っ暗な海を前にモヤモヤした頭もスッキリするかもしれません。

1月末の真っ暗な早朝の関門海峡を通過

朝方、ちょうど関門海峡に差し掛かる手前で、照明が明るくなり小倉港入港の案内放送があります。
あいにくの雨でしたが外に出て真っ暗な関門橋を眺めました。
そして少し支度をしていれば着岸です。到着後すぐに下船する予定の方には少々慌ただしい感じです。
すぐに下船しない場合、客が途切れた時点で一度タラップが外されるらしく、次に下船できるのは6時半以降になるため注意が必要です。
もちろん寝ていたい方はそれまでゆっくりと寝られます。

小倉港に午前5時に到着後上陸
小倉港に午前5時に到着

小倉港は小さな待合室だけという感じのつくりです。
朝はフェリーの到着に合わせるような感じで1本だけ西鉄天神行きの高速バスが接続しています。
小倉駅まで徒歩15分程度なので、私は歩いて雨が降る中を早朝の小倉駅へ向かいました。

小倉港から小倉駅までの道
小倉港から小倉駅までの道

到着する5時半過ぎはちょうど九州各方面への列車が動き始める時間で便利です。
夜行バスのように狭くて眠りづらい空間に閉じ込められることもなく、遠回りで高価な鉄道で昼間の時間を消費することもなく、フルフラットでゆったりと眠れるフェリーでの移動は今こそ価値があるように思います。